イボって大人だけじゃなく子供にも出来てしまうんです。
子供はつい気になって触ってしまったり、いじってしまったりしますので、早めの治療が必要となってきます。

子供に出来やすいイボはウィルス性感染症のウィルス性イボが代表的です。
子供の足の裏や指先に出来やすいと言われています。

どんな症状かと言いますと・・・。
硬い突起状のイボで1㎝未満の大きさ。
表面はザラザラしています。

1個出来ると周囲の皮膚にも広がる可能性が高いです。
ですが、痛みや痒みがないので、放っておく人もいるようですね。

このウィウル性イボの原因となるのは、ヒト乳頭腫ウィルスと言って、だいたいが傷から感染します。
免疫力が弱っている時や、アトピー性皮膚炎の子供には感染しやすいと言われています。

その感染状態は鋭く、ほんのちいさな傷、例えば手が荒れているだけでもウィルスが侵入してしまい、結果感染しているので、なかなか予防も難しいようです。

ウィウル性ですから当然人に感染してしまいます。
感染力はそんなに強い訳ではありませんが、患部の接触、例えばお風呂ですとか、家族間でもバスタオル、タオル、バスマットの共有でも感染してしまいます。

保育園や幼稚園に通っているお子さんが感染した場合、登園制限はありませんが、先生には一言言っておいた方がいいでしょうね。
その時は、イボのある幹部をガーゼ等でガードしておきましょう。

子供に出来やすいイボにはもう一つ水イボがあります。
水イボは特にプールで感染することが多いです。
ビート板の共有でも感染します。

水イボは感染者のうち90%は自然治癒すると言われていますが、完治に半年~1年かかります。
それは、免疫力が出来るまでの時間と思って下さい。

そんな子供に出来てしまうイボの治療法としては何があるのでしょう?

皮膚科で治療してもらう液体窒素という方法があります。
-196℃の低温火傷でイボを焼き切るという方法なのですが、この方法にも恐怖を覚えますが、何より麻酔が出来ないので、痛みが伴うのが難点なんです。

その痛みに子供が耐えられるとは思えませんし、毎週1日は通院しなければいけないなどの負担もありますので、子供のイボの治療にはお勧めできません。

もう一つ飲み薬で治すことも可能です。
ですが、子供ってお薬飲むの苦手な子が多くないですか?
そんな子供のイボにおススメなものがあるんです。

それは、患部に塗るだけでイボを改善してくれる艶つや習慣というオールインワンジェルです。
これなら、子供でも嫌がらずに続けられると思いますよ。

オールインワンジェルなんて化粧品も兼ねているのだから、子供にはちょっと強い成分が入ってる感じがする!
と思われるかもしれませんが、いえいえ、艶つや習慣はイボケアに特化したハトムギエキスと杏子エキス配合の、どんなイボでもどこに出来てもケアできちゃうマルチなジェルなんです。

口コミなどを見ると、子供の方から艶つや習慣の時間だ、と言って進んで患部に塗っている子もいるようです。
もちろん、大人でもご年配の方でも使えます。
艶つや習慣が一家に一個あると便利ですよ。

⇒艶つや習慣の公式サイトはこちら