艶つや習慣の役目は角質を柔らかくして除去してくれること。
それには、Wエースのあんずエキスとハトムギエキスの働きが活躍してこそ叶えられたイボケア商品です。

角質を自然に柔らかくしながらマッサージすることを続けていくことで、ポロッと取れる仕組みになっています。

艶つや習慣が他とは違う点を挙げてみますと、まず、顔、目元、首元を始め、全身にお使いいただける点。
老若男女幅広い層から支持されている点。
角質ケアと同時にスキンケアが出来る点。

これだけ揃っているオールインワンジェルって他にありますか?
目元を例にしてお話ししますと、目元ってとっても皮膚が薄くて一番デリケートな部分ですよね。

イボケアの市販薬もいくつか出ていますが、それらは目元に使えないものばかりなのです。
でも、艶つや習慣は目元にお使いいただいても大丈夫。

艶つや習慣はそんな常識を破った、新しいカタチのオールインワンジェルとなっているのです。

ここで、目元のイボについて詳しく学んでいきましょう。
目元のイボには稗粒腫(はいりゅうしゅ)と汗管腫(かんかんしゅ)の二つに分けられます。

稗粒腫は直径1~2㎜程度の白い粒のような膨らみや腫れもののような症状です。
これは古い角質が皮膚の浅い部分に溜まってしまうことで出来てしまいます。

体質的なものが原因の「原発性稗粒腫」。
ニキビや火傷など皮膚を傷めたことが原因の「続発性稗粒腫」があります。

原発性稗粒腫は比較的若い女性や、乳児、小学生などの小さなお子さんに見られます。
自然に取れますが何度も繰り返すので、複数できている場合は入れ替わりが起こっているだけですので、全部キレイになくなることはないようです。

そんな原発性稗粒腫の治療法はどんな感じでしょうか?
レーザーや注射を使って患部に穴を開けて、器具を用いて中の角質を取り除く方法が代表的です。

麻酔を使用しない場合も多いですが、針を刺す時のチクッとした痛み。
角質を取り除く時に皮膚が引っ張られる感覚を我慢すれば、それほど痛みは感じません。

ですが、ちょっと待って下さい。
原発性稗粒腫はお子さんがかかると述べてきました。
お子さんはちょっとした痛みにも耐えらないものです。

よくインフルエンザの予防接種などで、お子さんが泣きわめているのを思い出してみて下さい。
ですから、私はここで艶つや習慣をおススメします。

目元に使える艶つや習慣ですから、目元に塗るだけでケアできちゃうんですよ。
目元に塗るときやマッサージする時は、力を入れすぎないように、ソフトに扱うことが出来れば、艶つや習慣一個で目元のイボケアが完了です。

汗管腫の方は、汗を出す管であるエクリン腺が増えることが原因で起こります。
中年以降の女性に多く見られます。

直径1~5㎜程度で肌色か黄色になります。
オタマジャクシのような形状のしこりとして多く見られます。

汗管腫の治療法は、液体窒素かレーザー治療となりますが、汗管腫は稗粒腫よりも治療範囲が広いので、取り残す場合も多く、肌の深い部分まで針などを刺す治療ですから、
治療後に赤く腫れたり、傷跡になったりします。

そこで、汗管腫の方にも艶つや習慣をおススメします。
汗管腫は良性ですから放っておいても問題ありませんが、年齢を重ねていくと大きくなったり、数も増えたりするのです。
これって女性としては深刻な問題じゃありませんか?

ここが艶つや習慣の腕の見せどころです。
確かに即効性はありませんが、使い続けていくことで、目元のイボを改善していくことが可能です。

目元のポツポツにお悩みの方は、艶つや習慣も選択肢の一つに入れて下さい。

⇒艶つや習慣の公式サイトはこちら