首のイボが出来てしまったら、まず何から対策して行きますか?
病院へ行くほど大袈裟じゃない。
あまりお金をかけられない。

などといった理由で市販薬やイボケアの化粧品からケアしていく方が多いかもしれませんね。
しかし、注意すべき点は、市販薬で首のイボに使えるお薬が今はないことなんです。

首は皮膚の薄いデリケートな部分ですから、ちょっとした刺激でもダメージを与えてしまうのですね。
そうなると、縋るは化粧品でしょうか?

その前に、首のイボに効く成分って何か調べてみました。

〇ヨクイニン
ハトムギに含まれる成分の一つ。
古くからイボを取る治療に利用されてきました。

肌の炎症回復、皮膚の生まれ変わり、保湿、皮膚を柔らかくするなどの効用があります。
塗っても食べても効果が期待されています。

〇ハトムギ茶
アミノ酸、ビタミン、ミネラルを豊富に含んで、古くから漢方薬として利用されてきました。
皮膚に塗るとイボ、ニキビ治療に効果的。

毎日の健康茶として数カ月飲み続ければ、イボを改善しお肌が綺麗になります。

〇杏子オイル
杏の種から抽出した油。
オレイン酸がたくさん入っていて、人の皮膚に馴染みやすく、浸透力も高いので、美容オイルとして適任だとされています。

皮膚の乾燥を防いで、肌の若返りを叶えます。

〇オウバクエキス
古くから漢方の成分として利用。
整腸作用、腰痛、炎症効果があるので、昔からニキビや皮膚の炎症の治療の成分として使われてきました。

ヨクイニンと相乗効果を利用するといいと言われています。

〇ドクダミエキス
十薬と呼ばれるほどに優れた薬草として重宝されてきました。
殺菌作用、抗酸化作用があり、毒素を出す効果もあります。

生の葉は抗酸化作用が高いので、イボや湿疹、水虫に有効とされてきました。

このようにいくつかイボに効いていく成分があるのですが、その中でも強いエナジーであるハトムギエキスと杏子エキス配合の化粧品がありますので、ご紹介したいと思います。

それが、角質ケアとスキンケアを一つにした艶つや習慣というオールインワンジェルです。
艶つや習慣には上述しましたハトムギエキスと杏子エキスを二枚看板として押し出している、今までになかったタイプの化粧品です。

そんな艶つや習慣はそれ以外にもたくさんの美容効果成分が配合されています。

肌のターンオーバーを助けるエイジングケアが出来るプラセンタエキス。
保湿、保水成分の美容効果でキレイを継続するアロエベラ。
保水力で肌の潤いを保つヒアルロン酸。

これだけ、美白効果やアンチエイジングなどが謳われている時代ですから、成分の名前だけは聞いたことがある、という方もいらっしゃるかもしれませんね。

艶つや習慣と似たような化粧品も出てきていますので、今の時代首のイボは化粧品でケアできる時代になったんですね。
でも、その方が女性は入りやすいのではないでしょうか?

イボって何だかイヤな響きだと思いませんか?
見た目も美しくありませんし、できれば一生お付き合いしたくないものですよね。

そんな女性のイボケアの味方になる艶つや習慣で、イボの悩みとサヨナラしませんか?